環境の変化

企業のシステムの運用には、今まではオンプレミス環境というものが用いられていました。
オンプレミス環境とは、自社のサーバーなどを用いてソフトウェアを導入する環境を指します。

恐らく、多くの中小零細企業は、このようなオンプレミス環境をまだ使用していることでしょう。
オンプレミス環境では、自社の端末一台一台にソフトをダウンロードする必用があります。また、何か変更があった時は、また一台一台に変更をインストールする必用があるのです。
したがって、オンプレミス環境では、その環境を維持するために人的にもリソースを割く必用がありますし、時間的にも浪費が激しい環境でした。

しかし、クラウド環境というものが生まれてから、企業はこのような不自由から開放されました。
具体的には、クラウド運用をすることで、システムのダウンロードや変更などで、いちいち端末をいじる必用がないのです。
クラウド運用とは、仮想空間上でデータやシステムを管理導入することです。つまり、クラウド運用をしている企業なら、ネットに繋がる端末を使用するだけで、システムやデータを使用することができるのです。
クラウド運用で正しくメリットを享受するためには、正しい運用管理が必要となります。

クラウド環境とは、大量のデータを扱うために、外部のデータセンターを活用することが多いのです。
そこで、運用管理が行き届いていないと、無駄にコストを支払うはめになります。運用管理をきちんとして、初めてメリットが十分に発揮されるのです。
今回は、そんな運用管理に必用な管理ツールについて解説していきます。

おすすめサイト

2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
  • カテゴリーなし